ずっと昔、歯医者さんでの話です。

ずっと昔、歯医者さんでの話です。今は歯茎の健康についての歯医者さんのご指導はいきわたっていますし、私たちも常に歯磨きでは歯茎まで丁寧に気を使っています。しかしそのころはまだ歯茎の健康についてうるさくは言われていなく、私の通院も主に虫歯治療が大半でした。しかし歯茎のケアについても今ほどではなかったけれど、少しはありました。自分のケアが簡単すぎただけだったのかもしれません。というのは、上の前歯の治療の時、削ったあと、エアを上の前歯にかけられて、そのエアが私の鼻の前を通過しました。するとどうでしょう。何とも言えない悪臭が。つまりそれは私の歯茎から深いところから発生した匂いだったこと明らかです。生まれて初めてのにおいの経験でしたが、このことに私は大変感謝しました。歯医者さんも無言でエアを吹き付けてくださって、コメントなしでしたが、もう何が起きたのかは自分自身が一番わかることですから。

 

口臭で嫌な思いをしたことがあります。

住んでた家が手狭になり新たに物件を探すために訪れた不動産での出来事です。担当してくれた男性社員さんはすごくノリも感じも良かったのですが、かなり口臭がひどくて(恐らく虫歯による口臭)向かい合わせで座っていてもかなり辛いものがありました。特に辛かったのが実際に物件を見に行こうとした時の車移動です。密閉された空間のため向かい合わせの時よりもニオイを感じました。その男性社員さんも、気を使って色々お話をしてくださるのですが、口を開くたびに口臭が酷く、さらに車内の芳香剤の匂いと混ざり、形容しがたいニオイでした。その後、おすすめしてもらった物件で契約を決めたので、何回かその男性社員さんとお会いする機会があったのですが口臭そのままでした。その体験以降はなるべく虫歯は放置せず、すぐに治療するように心掛けるようにしています。

 

25歳ぐらいの時に夜の仕事をしていて

生活が昼夜逆転してしまっている状態が1年ぐらい続いた時に、同じ職場の先輩に、お前息臭いぞと言われてしかもその時は家でシャワー浴びて歯も磨いて出勤したての時だったので、マジかと思いそこから少し自分でも気にしだしまして、人と話すのが少し嫌になりました。嫌になったとゆうか、引け目を感じて思い切り話せなくなっていた次期がありました。人と話している時にふと相手が後ろにさがったり話をつまむような仕草をしたりすると臭いのかなーと思いながら嫌な気持ちになっていました。そう思いながら時が経ちその時の仕事をやめる事になって昼の仕事になって1ヶ月ぐらいしたら完全に臭くなくなりました。人に確認してもらっても臭くないと!よかったと思い原因はなんだったのだろうと思い、やはり不規則な生活がダメだったのかと自分では思って今を生きています。

 

20歳位の頃、付き合っていた彼と迎えた朝、
寝起きの口が臭いと言われました。
それからというもの、寝起きのだけではなく、普段の口の臭いが気になってしまいます。それからというもの、朝一は起きてすぐ歯磨きをして水を飲むようにしています。乾燥が酷いときは、なるべくマスクをして寝るように心当たりがけていました。現在、年齢を重ね、自分でも普段から臭っている気がします。同じくらいの女性とは話していてもこの人口臭いな…と思っていても、臭いとは私も言えませんが、自分も臭いと思われているのではないかと思うと心配です。呼吸の臭いは、歯だけの臭いではなく、胃腸から来るものと言われています。昔から、暴飲暴食の私は、胃腸が荒れているのだと思います。
日頃から、規則正しい生活食習慣とお水をたくさん飲むようにしたいと考えます。マナーとしては、マスクするのも効果的かと思います。